開催趣旨

新型コロナウイルス禍が始まってから2年が過ぎ,次段階への展開を図る動きが社会全体で活発化しつつあります。その中で材料科学・工学に求められる役割は一層大きくなり,2050年のカーボンニュートラル達成等を含むSDGsを念頭にした持続的な研究・開発活動が本格化しています。機械学習・AI・インフォマティクス等のデータ科学の発展・展開は材料研究にとり,そこで取り扱う材料研究の「データ」とは何なのかという根源的な問いを改めて考える段階に到達しつつあります。これには,どのように精緻な実験を更に突き詰めるか,発展著しい計算科学の材料分野での応用展開,多様性が大きい材料への解析理論の拡張などが含まれ,材料研究でのそれぞれの強みを再認識しつつ新たなチャレンジを改めて考える段階に来ているものと思われます。新次元のマテリアルズイノベーション強化を基礎学問の視点から支えるために,本会議ではさまざまな分野の専門家が領域や分野にとらわれず,我が国の材料研究開発を深く横断的に議論する場を提供いたします。併催されるMRM Forum 2022でのチュートリアル講演も併せ,グローバルな視野に立つマテリアルズイノベーションも推進いたします。

お知らせ

2022-5-14
シンポジウム提案書の受付締め切りを5月21日(土)まで1週間延長致します。
2022-4-21
第32回年次大会Webサイト公開