シンポジウム & プログラム

A-3 : 分極に由来する物性発現と新機能材料

Organizers:

Representative
・ 樋口 透 東京理科大学
Correspondence
・ 保科 拓也 東京工業大学 hoshina.t.aa@m.titech.ac.jp
Co-Organizers
・ 大和田 謙二 量子科学技術研究開発機構
・ 佐藤 幸生 九州大学
・ 武貞 正樹 北海道大学
・ 塚田 真也 島根大学
・ 中嶋 誠二 兵庫県立大学
・ 中嶋 宇史 東京理科大学
・ 永田 肇 東京理科大学
・ 西田 貴司 福岡大学
・ 横田 紘子 千葉大学
・ 米田 安宏 日本原子力研究開発機構

Scope:

分極およびドメイン構造を制御することで、単一分域構造を越える優れた特性が得られることが判明し、様々なフェロイック材料開発におけるブレークスルーとなることが期待されている。さらに、分極・ドメイン構造制御技術も新規手法の開発や改良が大幅に進み、この動きを強く後押ししている。当セッションでは、材料開発、観察技術、理論、応用など各方面の研究者に横断的に参加いただき、この分野の最近の進捗について討論するとともに、誘電体、磁性体などのフェロイック材料のドメイン制御による物性向上や新機能性材料の開発の可能性について議論する事を企図している。

Topics:

1. 分極・ドメインエンジニアリング
2. 圧電体、非鉛圧電体
3. 薄膜、ナノ構造、サイズ効果
4. フェロイック材料の進歩
5. 極限環境下の強誘電体:臨界現象、相転移