シンポジウム & プログラム

B-1 : 燃料電池用材料、デバイス、及びシステム設計によるラジカル・イノベーション*への試み
(*ラジカル・イノベーション:従来のコンセプト・価値とは連続性を持たない革新的取り組み)

Organizers:

Representative
・ 森 利之 物質・材料研究機構
Correspondence
・ 森 利之 NIMS MORI.Toshiyuki@nims.go.jp
Co-Organizers
・ 石原 顕光 横浜国立大学
・ 伊藤 滋啓 鶴岡工業高等専門学校
・ 古山 通久 物質・材料研究機構/信州大学
・ 齋藤 美和 神奈川大学
・ 橋本 真一 中部大学
・ 前川 康成 量子科学技術研究開発機構
・ 前川 孝司 北九州工業高等専門学校
・ 嶺重  温 兵庫県立大学
・ 森  昌史 電力中央研究所
・ 山本 春也 量子科学技術研究開発機構

Scope:

21世紀は、環境問題と科学技術が協調することが望まれる世紀です。持続的な経済の発展のために、燃料電池用材料、デバイス及びそのシステムの設計が非常に重要であるとの認識にたち、本シンポジウムでは、上記分野における新しいアイデアや新しいコンセプトを共有する場を提供することを目的としております。
学際領域における議論や共同研究成果発表を通して、真に社会に役立つR&Dの仕事が育成されることを期待します。
本シンポジウムでは、Topicsに示すような分野の発表を主要な研究発表分野としますが、それに関連する発表も大いに歓迎します。
本シンポジウムへの積極的な参加をお待ちいたしております。

Topics:

1.高分子形燃料電池
2.固体酸化物形燃料電池及び固体酸化物電解セル
3.アルカリ形燃料電池
4.エネルギーキャリア合成とその応用
5.燃料電池システム設計研究
6.固体電解質・電極
7.燃料電池周辺デバイス・システム研究開発
8.理論解析、シミュレーション
9.キャラクタリゼーション(計測)
10.燃料電池関連研究