シンポジウム & プログラム

B-2 : 価数転移を示す強相関電子材料の電子・光機能

Organizers:

Representative
・ 沖本 洋一 東京工業大学
Correspondence
・ 沖本 洋一 東京工業大学 okimoto.y.aa@m.titech.ac.jp
Co-Organizers
・ 山浦 一成 物材機構

Scope:

遷移金属化合物中の3d電子や有機錯体系のπ電子は、その強い電子相関効果によって興味深い伝導、磁性現象を示すことが知られており、このような物質群は強相関電子系と呼ばれて広く研究がなされている。数ある強相関現象の中でも、結晶中のイオンや分子の「価数」が変化する現象(価数転移現象)と、それにより引き起こされる電子機能性の研究は重要かつ興味深い研究テーマの一つである。本シンポジウムでは、これらの価数転移が織りなす諸現象の中から、近年我が国を中心として精力的に研究がなされている3つのトピックス(スピンクロスオーバー現象、電子強誘電性、そして高速光機能)に注目し、これらの現象に関連する新しい理論的、実験的取り組みについて、最近の進展を議論する。

Topics:

(1)価数転移と電気・磁気特性
(2) スピンクロスオーバー相転移現象
(3) 価数転移と強誘電特性
(4) 価数転移と高速光機能