シンポジウム & プログラム

B-4 : 環境・エネルギー物質、デバイス、プロセス

Organizers:

Representative
・ 小坂田 耕太郎 東工大
Correspondence
・ 岡田 重人 九大 s-okada@cm.kyushu-u.ac.jp
・ 長井 圭治 東工大 nagai.k.ae@m.titech.ac.jp
Co-Organizers
・ 石橋 晃 北大
・ 殷 澍 東北大
・ 福山 博之 東北大
・ 山口 猛央 東工大
・ 田中 慎一郎 阪大

Scope:

環境とエネルギー問題は、人類の生存に関わる今世紀克服すべき2大課題です。機能性材料の中で、本シンポジウムでは、環境触媒、エネルギー貯蔵・変換機能を有する新物質、デバイス、加工技術の研究に注力します。これらの材料・環境技術は、日本が世界をリードする科学分野であり、いわゆるSociety5.0低炭素社会に欠かせない技術です。本シンポジウムでは、5つの附置研(RIES、IMRAM、LCR、ISIR、IMCE)からなる文部科学省ダイナミックアライアンスプロジェクトのG2グループメンバーから環境・エネルギー材料とデバイスに関する最近の研究成果が発表されす。また、28回年会参加者からの材料や環境分野をまたぐ口頭/ポスター発表も広く歓迎されます。

Topics:

1. 光エネルギー
2. エネルギー貯蔵
3. 化学エネルギー変換
4. 環境・グリーン科学