シンポジウム & プログラム

C-1 : カーボンナノマテリアル研究の最前線

Organizers:

Representative
・ 青木 伸之 千葉大学
Correspondence
・ 青木 伸之 千葉大学 n-aoki@faculty.chiba-u.jp
・ 緒方 啓典 法政大学 hogata@hosei.ac.jp
Co-Organizers
・ 若原 孝次 独立行政法人物質・材料研究機構
・ 安藤 寿浩 独立行政法人物質・材料研究機構
・ 橘 勝 横浜市立大学
・ 中村 成夫 日本医科大学
・ 坪田 敏樹 九州工業大学

Scope:

本シンポジウムでは、広範囲に及ぶカーボン系ナノ材料研究の最前線の研究成果を発表する場を提供します。対象物質としてはフラーレン、カーボンナノチューブ、カーボンナノウォール、グラフェン、酸化グラフェン、ダイヤモンド、ダイヤモンド状カーボンに加え、マリモカーボン等のナノカーボン新材料に関する実験および理論研究の有意義な討論の場を設けることを目的とします。カーボン系材料に特有な、ナノチューブ、ナノウィスカーやナノシートといった構造の多様性、活性炭に代表される多孔質性、光や圧力に対する応答性など、ナノカーボン研究の最前線の研究成果の投稿を期待します。また、基礎物性評価のみならず、生体分子との適合性の評価や、燃料電池や太陽電池など、多岐にわたる応用研究も歓迎します。

Topics:

1. フラーレン、フラーレンナノウィスカー、フラーレンナノシート
2. カーボンナノチューブ、カーボンナノウォール、カーボンナノホーン
3. グラフェン、酸化グラフェン、還元酸化グラフェン
4. ダイヤモンド、ダイヤモンド状カーボン(DLC)
5. ナノカーボン新材料