シンポジウム & プログラム

C-2 : プラズマライフサイエンス

Organizers:

Representative
・ 古閑 一憲 九州大学
Correspondence
・ 白谷 正治 九州大学 siratani@ed.kyushu-u.ac.jp
Co-Organizers
・ 石川 健治 名古屋大学
・ 伊藤 昌文 名城大学
・ 呉 準席 大阪市立大学
・ 内田 儀一郎 大阪大学
・ 清水 鉄司 産総研
・ 林 信哉 九州大学

Scope:

低温プラズマ技術はバイオ工学,医療分野,環境応用,農業,製薬などへ広く適用されようとしている.このような背景に基づき,このシンポジウムはプラズマライフサイエンスの基礎と応用に焦点を当てる.

Topics:

1) バイオ材料のプラズマプロセス
2) プラズマの理学療法と薬学への応用
3) プラズマと生体や液体との相互作用
4) プラズマライフサイエンスにおけるモニタリング
5) プラズマ処理の安全性と医療機器の標準化
6) プラズマライフサイエンスのシミュレーションとモデリング
7) プラズマ農業