シンポジウム & プログラム

D-1 : イオンビームを利用した革新的材料創製

(本シンポジウムは、公益社団法人応用物理学会九州支部との共催です。)

Organizers:

Representative
・ 雨倉 宏 物質・材料研究機構
Correspondence
・ 西川 宏之 芝浦工業大学 nishi@sic.shibaura-it.ac.jp
Co-Organizers
・ 青木 学聡 京都大学
・ 馬場 恒明 株式会社山王
・ 伊藤 久義 量子科学技術研究開発機構
・ 岸本 直樹 物質・材料研究機構
・ 小林 知洋 理化学研究所
・ 中尾 節男 産業技術総合研究所
・ 安田 和弘 九州大学
・ Chen Feng Shandong University
・ Chu Paul K City University of Hong Kong
・ ILA Daryush FSU
・ Ensinger Wolfgang Technical University Darmstadt

Scope:

イオンビームを利用したプロセスは、この半世紀に亘り著しい発展を遂げてきており、この技術は、新材料合成、表面改質、組織・形状制御、表面分析等、材料科学の分野で広く利用されてきた。近年、地球環境問題の観点から、エネルギーの高効率利用、省エネルギープロセス、低環境負荷のシステム等の開発が求められており、これらを支える新規材料の開発への要求が高まっており、これまでに増して、材料科学の分野において、イオンビームを利用した技術の重要性は増してゆくものと期待される。そこで、本セッションでは、イオン工学的手法を用いた、新材料合成、表面改質、組織制御の研究、あるいは新しいイオンビーム利用技術等を対象とし、革新的な材料技術を志向する研究発表を募り、横断的・学際的交流を通じて、ブレークスルーを探索したい。

Topics:

1. イオン-固体相互作用
2. ナノ構造の形成・改質
3. 材料特性の改質・制御
4. クラスターイオン、高速重イオン、高価数イオン, etc
5. プラズマイオン注入、スパッタリング、プラズマ利用材料改質
6. 高分子・生体材料の改質

共催:

公益社団法人 応用物理学会 九州支部