シンポジウム & プログラム

F-3 : 先導的スマートインターフェースの確立

Organizers:

Representative
・ 三浦 佳子 九州大学
Correspondence
・ 澤田 敏樹 東京工業大学 tsawada@polymer.titech.ac.jp
・ 久代 京一郎 東京大学 kushiro@bis.t.u-tokyo.ac.jp
・ 星野 友 九州大学 yhoshino@chem-eng.kyushu-u.ac.jp
Co-Organizers
・ 前田 瑞夫 理研
・ 長崎 幸夫 筑波大学
・ 高井 まどか 東京大学
・ 高原 淳 九州大学
・ 石原 量 東京理科大学
・ 岩﨑 泰彦 関西大学
・ 藤井 秀司 大阪工業大学
・ 桑折 道済 千葉大学
・ 芹澤 武 東京工業大学
・ 北山 雄己哉 神戸大学
・ 菊池 明彦 東京理科大学
・ 鈴木 大介 信州大学
・ 山本 拓矢 北海道大学
・ 吉本 敬太郎 東京大学
・ 岸村 顕広 九州大学
・ 檜垣 勇次 九州大学
・ 中西 淳 物質・材料研究機構
・ 高橋 宏信 東京女子医科大学
・ 柴田 裕史 千葉工業大学
・ 相川 達男 東京理科大学
・ 松村 和明 北陸先端科学技術大学院大学
・ 遊佐 真一 兵庫県立大学
・ 中路 正 富山大学

Scope:

金属やセラミックスなどに対して、高分子、生体分子、コロイド、液晶などの柔らかい物質が形成するソフトマターによる界面は、外部環境の変化により構造や性質が大きく変化するダイナミックな特性を示します。このような動的界面をdeGennesは20年ほど前にソフトインターフェースと名付けています。このダイナミックな特性と生体が築くソフトインターフェースのような複雑さのため、ソフトインターフェースは定量的な解析が難しく、多くの課題が残されたフロンティア的学問領域です。近年、材料の合成、解析に関する科学技術の進歩は著しく、様々なアプローチでソフトインターフェースの解明とそれを活かした材料開発に取り組む研究者が増えてきています。例えば、表面の構造制御が、界面の物性に、生体親和性に、デバイスの性能に重要な影響を及ぼす事例が報告されつつあります。このような背景から、分子設計、合成、分子認識、バイオマテリアル開発、計測法開発、シミュレーションなど様々な方面からのソフトインターフェースに対する考え方を統合することで、新しい視点、学問が生まれることが期待されています。本シンポジウムでは、ソフトインターフェースに関する研究の振興をはかり、若手研究者中心の講演を行うことで、研究を奨励し、研究者間のネットワークを広げることを目的としています。

Topics:

高分子
界面
自己組織化
バイオインターフェース
バイオマテリアル