japaneseenglish
login contact

研究会

日本MRS研究会リスト

エコものづくり研究会

[代表世話人]

岡部 敏弘 神奈川大学理学部 非常勤講師

[連絡世話人]

柿下 和彦 職業能力開発総合大学校 能力開発院 新成長分野系 教授

[活動趣旨]

循環型社会は、できる限り地球資源を大切に使い、廃棄物を出さないように、さらに出した廃棄物もできる限り再利用しようとする環境と調和・共生する社会です。
「エコものづくり研究会」は、次の4つの理念に基づき、環境と調和・共生する先進的で世界的競争力のあるものづくり産業を目指すことを目的として活動を行います。
1.環境と調和し、環境と共生するものづくりを推進
2.環境型ものづくりの促進
3.循環型処理技術の推進
4.環境保全活動に取り組む

「エコものづくり研究会」は、"エコものづくり"に関する最新の研究・開発動向 を調査・発表・討論し、研究者・技術者はもちろんのこと、"エコものづくり"に多少なりとも関連する分野の方々に技術情報を提供します。これらを通して"エコものづくり"に関係する産業の発展に寄与したいと考えています。

ページTOP▲

調和材料研究会(旧:ナノ酸化物材料研究会)

[代表世話人]

遠藤 民生 ジャパンアドバンストケミカルズ(技術顧問)・三重大学 名誉教授

[連絡世話人]

有沢 俊一 国立研究開発法人 物質・材料研究機構 経営企画部門 部門長

[活動趣旨]

本研究会は、地球上に極めて豊富に存在する酸素に着目し、バルク、薄膜、ナノ構造の酸化物機能材料を主体として学際的な議論を目指すものである。(ただし、酸化物に限定するものではない)。酸化物材料の結晶成長、作製プロセス、評価、デバイス化などを扱い、また酸化物系の微粒子、ナノコンポジット、ナノ構造、なども対象とする。応用分野としては情報処理、通信、センサー、磁性、フォトニクスなどを標榜し、超伝導体、導電体、半導体、絶縁体、強誘電体、強磁性体、光学特性など多方面の特性を実験と理論の両面から議論する。 本研究会は新規であるが、これまで構成員らによりIUMRS国際会議、(ICEM2012, 2014、ICA2008, 2014、ICAM2015)、日本MRSの年次大会(2010~2014)など、数々の日本MRS及びIUMRS関連国際会議のオーガナイズを担当してきた。

ページTOP▲